本の紹介
広島市立大学国際学部多文化共生プログラム編『周辺に目を凝らす――マイノリティの言語・記憶・生の実践』彩流社、2021年
興味深そうな論考が並び、思わず手に取った。まだ全部に目を通したわけではなく、私が関心を抱いた広島の被爆者に関連する論考から読んでみた。簡単な感想を記してみる。
 
柿木伸之「地図の余白から――記憶の交差路としての広島へ」
ベンヤミンの研究者らしく、明言はされていないが、そこかしこにベンヤミンの思想や概念(パッサージュ論など)を下敷きにした考察が展開されている。旧陸軍被服支や原爆スラムについて代表的な著作をもとに執筆されており、わかりやすくよみやすい。
 
向井均・湯浅正恵「「黒い雨」未認定被爆者カテゴリーの構築――原爆医療法制定とその改正過程を中心に」
現在に至るまで根本的な解決には至っていない「黒い雨」降雨地域の未認定被爆者の問題をその出発点に遡り、現在に至るまでの歴史的経緯について問題点を指摘した啓蒙的な一文。私が知らない細部については教えられ、参考になった。特に任都栗司なる人物が被爆者行政におそらく悪しき影響を与え、禍根を残す決定に深く関与したことはほぼ確実なのであろう。ただし、1960年に定められた「特別被爆者」(1974年に廃止)に関連して、「原爆症とは直接関わりのない一般医療費まで国費が負担」(363頁)と記している個所は問題がある。原爆症に起因する症状とそうでない症状をどのように切り分けられると著者たちは考えているのであろうか。たとえば、交通事故による怪我は明らかに「原爆症とは直接関係のない」とたぶんいえるだろうが(原爆で目に障害を負っている場合はそうはいえないが)、仮にそうだとしても怪我からの回復に原爆症が影響していないとはどのように判定できるのだろうか。

本の紹介

砂野唯『酒を食べる——―エチオピア・デラシャを事例として』昭和堂、2019年

 

酒を主食としているほぼ唯一の民族が存在するという好奇心から、またこの本を高く評価している人が結構いるらしく、酒飲みを自負する人間として面白半分に読んでみた。生態人類学という私にはかなり縁遠い分野の研究であるせいもあり、気楽に読めた。最初は一日中酒を飲んで生活しているとは何とうらやましい人たちかと思っていたが、著者が説明するようにどうもそうではないらしい。何より酒もさることながら肉、魚、野菜などつまみ類をともに食べる食生活に馴染んでいる私にとっては、ごく限られた品数の酒(パルショータと呼ばれ主食でもある)で生活していくことはかなり大変であろうと想像できる。著者が栄養失調になったというのもむべなるかな。ご苦労を多としたい。

何より私が興味深く感じたのが、ポロタと呼ばれる地下貯蔵穴で、フラスコ型に掘り下げられた巨大な地下穴にパルショータの原料となるモロコシを長期保存できるという。これは単なる貯蔵庫ではなく、土地利用や村落内での人間関係(食料の貸し借りなど)と深く結びつき、著者は「富の固定を許し、それにともなう格差が、デラシャ社会のなかで抗争が繰り返される原因となっているのは皮肉なことである」(181頁)と述べている。生態人類学の食物や土壌の成分分析などは読み飛ばしたものの、世界の食文化・酒文化に関心を持つ読者にとってはお勧めであろう。

本の紹介

岡村幸宣『未来へ――原爆の図丸木美術館学芸員作業日誌2011-2016』新宿書房、2020年

一読してうらやましいの一言。副題にあるとおり、この5年間における著者の展覧会作業記録や関わった芸術家や関係者との交友録が描かれており、著者が勤務する丸木美術館の性格上、芸術の社会性をくりかえし問う場面が多く、考えさせられる。中でも重要なのは、「原爆の図」のアメリカでの展覧会が、1970年依頼45年ぶりに2015年に開催されたことである。1970年当時は原爆使用に肯定的なアメリカ世論の影響もあってか、「原爆の図」は酷評されたが、今回は若い世代を中心に原爆使用に否定的な意見も広まっており、「原爆の図」も前回より高く評価された。著者はそこに将来に向けての希望を読み取っている。

ちなみに著者は、2015年に『《原爆の図》全国巡回――占領下、100万人が観た』を同じく新宿書房から2015年に公刊しており、多忙な中で執筆をこなした著者の精力的な作業は賞賛に値する。内容は、1950年代を中心に「原爆の図」が各地を巡回し人々を動員、様々な反響を巻き起こしていく様を詳細に記録したもので、一読をお勧めする。書評については、新宿書房のホームページを参照されたい。

www.shinjuku-shobo.co.jpなお、以前にも書いたことだが、丸木美術館は現在窮状打破のための支援の呼びかけを行なっており、志のある方々はご協力をお願いしたい。

当美術館へのご支援をお願いします | 原爆の図 丸木美術館

本の紹介

才津祐美子『世界遺産白川郷」を生きる—―リビングヘリテージと文化の資源化』新曜社、2020年

必要性に迫られて読んだ本。半分は期待を満たされ、残りはやや物足りない感じがしたというのが正直なところ。著者は博士後期課程に入ってから白川郷をフィールドと定め、足しげく通うようになり、そのうち夏季には民宿の手伝いもするなどして、白川郷の人々と親しくなり、信頼関係を築いていった。その強みが本書の記述には活かされており、本書が白川郷研究の最新の成果であることは疑いないだろう。その点は明らかな強みである。

ただ、私が食い足りないと思ったのは、著者がより詳細を記すことができるだろうと思われるところがありながら、いわば骨格や大筋の記述や分析にとどめていることである。これはもったいない。なぜなら著者と当該地域の人々の間委に結ばれた信頼関係からいえば、著者にはもっと書けることがあっただろうと思われるからだ。たとえば、会合の折々で交わされる会話の数々、観察者の目に映る日常の何気ない行動の中に人々が込めた意味や思い、またジェンダー関係の詳細や、ステークホルダー間の分析など。これは本書の読者層がどのあたりに想定されているのかにもよるのだろう。これが一般読者向けなら問題ない水準、というよりは十分すぎる内容である。ただ、専門書としての性格が本書の基本であると思われるので、その点では、仮に一般読者にとってはたいくつであったとしても、詳細を書き込む方が価値が高まったのではないか。その点は、著者の判断を聞いてみたいところである。

もちろん、本書で私が学んだこともある。国民国家論と文化表象(オリエンタリズムなど)は、アカデミズムではよく知られた議論ではあるが、本書の特長は、それを平易な言葉で表現していることであろう。著者が第1章で問題視している過去の「大家族制」研究の影響力は、私も本書の分析を読むまで知らなかった。不明を恥じる点である。また、研究者が白川郷の変化を新しい分析視点を持ち込んで批判するのに対し、「問題は、そうした視点が詳しい説明もないまま、文化遺産の担い手の了解を得ぬまま、保全の現場に持ち込まれたことではないだろうか」(161頁)というのは、正鵠を得ているだろう。専門家と言えども、外部者として慎むべき点はあるのであり、その点は著者の住民に寄り添った視点の方に暖かさを感じる。研究者や観光客は肝に銘じるべきと思う。

他に私が知っていたことではあるが重要と思われるのは、白川郷にスポットライトが当たるようになる経緯である。かつて周辺集落でも見られた合掌造りは、1950年代に進んだダム建設によって移転を余儀なくされた住民たちが手放さざるを得なくなったものであり、戦後日本がいかに住民の生活を犠牲にして開発を進めてきたかという背景を持つ。その後伝統的建造物群保存地区の選定や世界遺産登録後も、住民は制度にしばられ、先述のように研究者や外部者の目線を時に迷惑視しながらも、自分たちの生活を守ろうとしてきた。そのような想像力を欠いた時に、外部者は合掌集落を「書き割り」のようなものとしてしか認識できないという陥穽がある。ことさら教訓的なことを述べるつもりはさらさらないものの、本書がきちんと学習したいタイプの訪問者に参照されることを願うものである。

本の紹介

パール・バック(丸田浩監修・小林政子訳)『神の火を制御せよ――原爆をつくった人びと』径書房

本書を知ったのは、熊芳『林京子の文学――戦争と核の時代を生きる』の参考文献としてあげられていたからである(この本の紹介については他日を期したい)。本書は、『大地』などの作品で知られるノーベル賞作家パール・バックが、核兵器を製造した側の視点から、核兵器開発に奔走する政治家とそれに協力し、後には反対することになる科学者たちの激動の5年余りを描いた作品である。作品は、4章とエピローグからなり、ナチスドイツとの原爆開発競争に端を発し、日本の真珠湾攻撃により(第2章では、永年アメリカで暮らした日系アメリカ人の画家が、計画のリーダー的存在である科学者宅を訪れ、強制収容所に移送される前に別れのあいさつをするシーンもある)本格的に原爆開発の乗り出したアメリカが、シカゴで核分裂実験に成功した科学者たち(そのリーダーは、ノーベル物理学賞受賞で著名なエンリコ・フェルミ)を動員し、その後巨額を投じたマンハッタン計画により原爆実験に遂に成功、広島と長崎に原爆攻撃を行なうまでの経緯を詳述している。原爆完成間近になり、その驚異的な破壊力を人体に行使するのを阻止しようとした一部の科学者たちは、ワシントンを訪れ、政治家たちや軍人たちに核兵器の使用を思いとどまるよう説得を試みるのだが、それはかなわず、失敗に終わる。第二次大戦終了後、マンハッタン計画に参加した科学者たちは虚脱感にとらわれて仕事場を去り、新しい道へと踏み出すところで物語は終わる。この歴史を縦軸とすれば、男性科学者たちとその妻、また一人だけ登場する女性科学者と男性の同僚たちなどとの男女関係が横軸として組み合わされ、良質な娯楽作品になっているように思われる。ただし、監訳者の丸田氏によれば、一時この本はアメリカでは入手困難になっていたそうで、その謎を解き明かすべく翻訳にとりかかるのだが、結局その謎は解かれないままである。また、ただ一人の女性科学者は、パール・バックの分身のような人物であると述べられている(396頁)。ただ、それを補って余りあるのが、監訳者自身による行き届いた解説で、一度手に取ってみて損はない内容と思われる(この項書きかけ)。

本の紹介

鈴木道彦『余白の声 文学・サルトル・在日――鈴木道彦講演集」閏月社、2018年

すでにいくつか書評も出ているようだが(朝日新聞週刊読書人、他にもあるかもしれない)、ここでは私独自の視点から評してみたい。私は在日コリアンと日本人の関係に関心を持ち、在日朝鮮人作家の作品も少しだけ読んできたつもりではあるが、専門ではなく、しかも文学というよりは社会学的関心の方が強かった。その意味では、私の紹介は専門家のそれというよりは、素人の戯言に近いかもしれない。ただ、それでもここに書くことにそれなりの意義があるとすれば、それは「素人の怖いもの知らず」的な部分にあるだろう。言い換えれば、素人ゆえにこそかえって率直に言えるものもあるということである。したがって、以下に述べることに興味も関心もない方は無視していただいてかまわない。

著者の鈴木氏は、フランス文学の泰斗で、その父もマラルメを中心としたフランス文学者として知られる。彼の父は、戦前資産家の跡取り息子の気楽さからか、金に糸目をつけずに稀覯本を含む多くの書籍を購入、戦災を恐れて家に重武装の書庫を設置、おかげで戦火を免れたそれらの書籍は、戦後獨協大学の図書館に寄贈されたことが講演で語られている。

もっとも、本書の主題は、広い意味でのフランス文学ではなく、むしろ在日朝鮮人の「問題」にいかに日本人として戦後責任(高橋哲也)を果たし、戦後日本人が忘却してしてしまった植民地主義を克服するかである。そのことがくりかえし語られ、その導きの糸、あるいは補助線としてサルトルが参照されるという構成になっている。植民地主義という主題でフランスと日本を串刺しにするという点では、著者の姿勢は終始一貫している。

著者は最初から在日朝鮮人と植民地化をめぐる問題に関心があったわけではなく、もともとはフランス留学時に、フランス植民地からの独立を目指したアルジェリア人たちの闘争に感銘を受け、それを日本に紹介する過程で、「在日」の「問題」とも遭遇した。日本でアルジェリア独立運動に通じた人士がいなかったこともあり、著者はメディアに請われるままに関連する文書を寄稿、その際に、遠いアルジェリアのことではなく、近い(実際は遠かったと鈴木氏は述べている)朝鮮半島のことを日本人として引き受け、応答責任を果たすべきであると考えた。そして、本書で述べられている小松川事件や金嬉老事件に関わっていくことになる。この時代については、上野千鶴子氏から執筆を勧められて著したという『越境の時』に詳しく述べられている。

『越境の時』の緊迫感あふれる文章に比べれば、本書は講演集という性格もあってか、同じ主題をより容易に、親しみやすい語り口で読者に伝えている。重複する内容もあるが、たいくつせず、重い主題なのにすらすら読める。というのは、鈴木氏が扱っているテーマは、私にとってすでに馴染みのものだからである。つまり、脱植民地化に責任があるのは被植民者の側ではなく、むしろ植民者の側である。この主題は、多くの日本人が目をつぶってやり過ごしてきたばかりではなく、むしろ近年になって歴史修正主義やヘイト・スピーチにより一層深刻になったと著者は考えている。そのため、自分の存命中はこの問題は解決できないだろうと思いながらも、自分なりの責任を果たすために、鈴木氏は悲壮な覚悟で講演を引き受け、執筆を続ける。

私が本書で特に着目したのは、鈴木氏の在日「問題」への向き合い方もさることながら、氏のサルトル論である。「投企」(73頁)や「アンガージュマン」(91頁)など、行動する知識人として一世を風靡したサルトルの思想的意義について的確に論じている。たとえば、サルトルが来日した当時、フランス大使館を含めすでにサルトルは時代遅れであり、代わりにヌーヴォー・ロマンなどがあるという風潮である(フランス大使館が名前をあげたビュトールロブ=グリエを鈴木氏は「いずれもお話にならないほどの小モノ」と評している(191頁))。ほかにも、一見するとロラン・バルトのテクスト理論によって時代に遅れになったかのように評価されたサルトルの方法論にこそ、文学者の人間理解の神髄(普遍性)が存在するというのである。サルトルが評伝を書いたジュネやフローベール、とりわけジュネ論を鈴木氏は小松川事件の犯人として処刑された李珍宇の驚嘆すべき読書量と読解能力と重ね合わせる(ジュネと李珍宇は二人とも獄中で思想形成を成し遂げたという点で共通する)。李珍宇の心中に入り込むなど、日本人である自分には本来おこがましいことである。しかしながら、あえてそこに踏み込むことこそが文学者としての自分の仕事である、と。

鈴木氏がくりかえし述べる、バルカン半島の歴史家たちの3点の申し合わせ「批判の刃はまず自分に向ける」、「相手の立場で考える」、「バルカン諸国の歴史家だけで自律的に行う」(140頁、176頁)は彼の座右の銘となっているようで、「とくに第一と第二の点は、異民族関係の基本だと思っています」(141頁)という。私も全面的に賛成する。自分を棚上げして他人を非難しているつもりになっている連中に、鈴木氏の爪の垢でも煎じて飲ませたい。

閏月社
閏月社
閏月社
閏月社

本の紹介

小川さやか『チョンキンマンションのボスは知っている――アングラ経済の人類学』春秋社、2019年

久しぶりに人類学者の本を読んだ。私は経済人類学にはなじみがないので、本書の真の評価はできないのだが、それでも著者が筆達者であることはわかる。練達のフィールドワーカーとはこういう人のことを言うのだろう。とにかく、著者が香港で出会うタンザニア人をはじめとするアフリカ人たちの生活がおもしろい。まるで「魔物の巣窟」であるかのように想像する人も多い一角が、著者の手にかかると、危険ではあるが「普通」の生活の場であり、また同時に驚くべき多様性に満ちた取り引きの場であり、相互扶助の場でもあることが生き生きと描かれる。こういう本に出会うと、「ライティング・カルチャー・ショック」( James Clifford, George E. Marcus, Writing Culture: The Poetics and Politics of Ethnography)とはいったい何だったのだろうかと一瞬思わされてしまう。

本書のおもしろさは、著者が出会う人々や彼ら/彼女らが起こす騒動などのエピソードにあり、ここでは一つ一つ紹介することはしない。私なりに著者の主張を要約すると、この人たちの一見野放図な人間関係模様は、実はかなり経済合理的であり、それなりに理にかなったものであるということである。ただし、彼ら/彼女らは経済目的を優先するために自分の楽しみを犠牲にするのではなく、著者の言葉を借りれば「ついで」の論理で多くの仕事や人間関係をやりくりする。だれかに頼まれごとをされれば、自分の用事の「ついで」にできることであれば引き受け、自分の家族にお土産を届けてほしいと知人に頼めば、友人の方は自分の荷物に余裕があれば「ついで」に運んであげる、といった具合である。著者が出会った人々は、だれも完全に信用できる人間はいないと口々に言うのであるが、かといってまったく信頼していないわけではない。資本主義経済下で高度に発達した信頼関係とは別種の論理による信頼と助け合いの仕組みが成り立っている。著者の専門である経済人類学でいえば、「この「開かれた互酬性」は、メンバー相互の信頼や互酬性を育むことで「善き社会」を目的的に築こうとする「市民社会組織」の論理よりも、情報通信技術(ICT)やモノのインターネット化(IoT)、AI等のテクノロジーの発展にともない注目されるようになったシェアリング経済の思想により近しいものにみえる」(87頁)。たとえば、私はどうしてこれが成り立っているのかよくわからなかったものの、本書ではTRUSTという、彼ら/彼女らが既存のSNSを利用して運用している商売上のクラウドファンディングのようなものがある。著者曰く、これより洗練されたシステムは世界中にいくらでもあるが、「特別なプログラミング能力も仮想通貨も要らないし、誰にでもできる」(254頁)(私には無理だが)仕組みは、人類学者の用語でいえば、現代版ブリコラージュ(間に合わせの技法)ということになるのかもしれない。

私の乏しい経験でも、かつてアフリカ(著者の主要な調査地であるタンザニアを含む)を旅行していたとき、この人たちはダメもとで物事を頼んでくるなと思ったことがある。旅先で出会ったお礼に手紙を送ると、○○を買って送ってくれ、など。親しくなったわけでもないのに、よく気軽に頼むものだなとそのときは思ったが、日本の表面的には礼儀正しいが堅苦しい人間関係とは丸きり異なった関係のあり方が存在することだけは理解できた。本書を読むと、ダメもとのやりとりも含め、騙し騙される可能性や危険性を承知の上で、相手の事情を詮索せず、緩いつながりを保っていることこそが、人生を楽しみつつ彼ら/彼女ら経済合理性を追求するカギなのではないかと思えてしまう(実際にはそんな単純なものではないのだろうが)。私にはこんな生き方はとてもできないと思いつつ、自分の生活をよい意味で相対化するにはもってこいの本である。

なお、多少学問的なことを付け加えると、本書は経済人類学者の視点から書かれているものの、他分野の研究とも接続可能である。たとえば、香港という異郷で亡くなったタンザニア人を故郷に送り返すため人々が協働する様子は、移民研究でも議論されてきた(相互)扶助であり、また郷里でビジネスを展開したり寄付をしたりする活動は、これも移民研究で議論されてきたホームタウン・アソシエーションと類似している。読みやすいエッセイとして書かれているため、学問の世界には通じていない人も読めるし、またその中で展開されているアカデミックな議論は他分野の研究者にも参考になるという点で、多くの読者を楽しませる本である。